支援方針

お客様との徹底した対話を通して戦略的な課題解決を実行します。

コンサルティング・サービスを利用する場合、パッケージ型のサービスを提案され、それにお客様が合わせるといったことがよくあります。それは主客転倒にすぎず、目の前の課題は解決したように思えますが、根本的で継続的な解決にはなりません。

私どもはお客様の状況に合わせた最適な課題解決を提案します。
そのためには、お客様と徹底的に対話を繰り返し、社員の意識や現場の状況を調査・分析をおこないます。真の課題を掘り起こし,対症療法的ではなく原理原則まで突き詰めた課題解決を構築します。

提案だけで私どもの仕事は終わりません。
実行段階では社内に課題解決のプロジェクトを立ち上げ、お客様と一緒に議論を重ね伴走します。その過程で私どもから課題解決に必要な考え方、知識、スキルなどを提供し社内に定着させていきます。

代表取締役 八幡紕芦史(YAHATA hiroshi)
経営コンサルタント

アクセス・ビジネス・コンサルティング株式会社、代表取締役
特定非営利活動法人国際プレゼンテーション協会、理事長
一般社団法人プレゼンテーション検定協会、代表理事

大学卒業とともに社会人教育の為の教育機関を設立。
企業・団体における人材育成、企業内教育の実施や大学での教鞭を経て、現会社を設立。
弘前大学大学院(理工学研究科、農学生命科学研究科)宮城教育大学などで教鞭をとった後、経営コンサルティングを中心に、ビジネス・プロフェッショナルとしての必要なリテラシーを開発、養成、指導。

講演や執筆活動でも活躍。

専門分野

経営戦略、ビジネス戦略、戦略的思考技術、多様性のマネジメント、変革のリーダーシップ、マネジメント・コミュニケーション、ミーティング・マネジメント、プレゼンテーション技術、交渉/折衝技術など

お気軽にメールでお問い合わせください。

お問い合わせ